性病は治療しないで放置しておくと大変危険です。男性、女性問わず性病を放置することで重大な病を引き起こす原因にもなりますので、症状が出たら直ぐに治療を開始しましょう。では、性病を放置するとどのようなことになるか説明していきます。

マカオ旅行の性病感染のリスクと血小板が減少する病気

マカオは世界的な観光地でカジノや繁華街などが特に有名なのですが、海外旅行で性病に感染するリスクは非常に高く、感染者が気が付かずに日本に帰国することで性感染症の増加の原因にもなります。性病は不特定多数のパートナーとセックスをすることで感染するリスクが高くなるので、日本人がマカオなどに行って風俗店などでHIVやクラミジアなどに感染することが多くなっています。また毛じらみの感染はマカオなどを訪れた日本人に多く見られる症状で、ほとんどの場合は毛じらみだけではなく他の性感染症にも感染しているので、性病科の病院で検査をする場合には感染者の多い性病は全て検査対象にすることが重要です。特にクラミジアや梅毒などは初期症状がわかりにくいので、放置をしていることで重症化してしまいます。これらの細菌感染は放置すると内臓まで菌が侵食してしまうので激しい腹痛などによって感染に気がつくケースが多くなっています。性病はほとんどの場合はコンドームをすることで予防できますが、オーラルセックスでも感染するので完全に予防するためには性的な接触をしないことが1番効果的です。血小板が関連する病気としては白血病や再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病などがありますが、原因は不明とされていて、体の免疫機能が血小板を細菌などと間違えて駆除してしまうことで起きるとされていて、人間の免疫機能が血小板を攻撃してしまう原因はまだ解明されていません。主な症状は鼻血や歯茎からの出血が止まらないことですが、症状が重症化すると内臓からの出血が増えることで下血や吐血をする場合もあるので注意が必要です。治療に関しては専門の医療機関で抗菌剤などを用いて行われています。